カナカナのーと

日常の気になることを書きます。

哲学の道

f:id:ekarisodami:20151228073424j:plain

高3 受験生を抱える 母です。

 

今、必死で受験勉強をしているのですが、目指す学部は

 「文学部 哲学科」

 

初め聞いたときは、「哲学?そんなん学ぶもん違うやろ?本よんだらいいねん。」

と反対したのですが、

「学部に関しては、一切なにも言うな」と子供に言われ

そこから 彼の挑戦は今も続いています。

 

哲学・・・

 実は私も興味あり。

昔とても苦しいときに、助けられたのが池田晶子さんの著書でした。

誰にも相談できず、苦しいときに図書館に行き 読み漁ったのが

 池田晶子さんの本でした。

 

 

[http://あたりまえなことばかり:title]

 

どんな人も、それを選択して生きている。

それは 「好きな人生を生きている」ということだ。

どんなに苦しくても、それを選択しているのはあなただし、

その苦悩も好きで苦悩しているのだというニュアンスのメッセージを

受け、実は離婚したという・・・(笑)

 

その母を見てか、「哲学」を学ぼうとする息子を

嬉しいような、罪作りなような。。。そんな気分ですが、今は

目標にむかって邁進する息子を応援するだけです。

 

受験が終わったら この本をプレゼントしよう。