カナカナのーと

日常の気になることを書きます。

良いお母さんが良い子を作るとは限らない。

我が家の子供も大きくなった。20歳、18歳、17歳、8歳と4人の息子たち。

別に勉強がとびきりできるわけではないけれど、上の二人は自分の行きたい大学に進学し、まぁいい感じに自己肯定感の高い子に育った。

何をもっていい感じかというと、アルバイト先で2人とも社員の方に頼りにされているらしく、下の息子にはそのバイト先からインターンに来ないかと誘われるほど。

「まぁ勘違いも一つの才能やしね。」と私が言うと「いやいや。世間が認めてくれているから」と2人して口をそろえて言う。

「そんな息子に育てたお母さんが偉いよね!」というと、みんなでまたもや口をそろえて「いやいや。育てられてません。自分で育ったし。」と口々に言う。

このセリフを聞いたときに私は心の中でガッツポーズをした。

親としてなにかをしたことを感謝してほしいと思ったことはない。

自分の人生を自分の力で切り開いてほしい。なんでも主体的に物事をとらえてほしい。

自分の人生の主人公は自分なのだということを感じてほしい。そう思ってきたし、実際私もそのように過ごしていろんなことに挑戦してきた。

他のお母さんがまめにやっていることをさぼった感もぬぐえない。離婚という子供にはとても寂しい別れも経験させてしまった。

世の中の「お母さん」像からしたら、落第点のお母さんだったと思う。

それでも、他のお母さんがやらないようなことをやってきた。ワークショップを主催し息子の友達とともに遊んだり、私の音楽教室の発表会で息子がドラムを叩いて親子共演したり、仕事で得た進学の情報を持ってアドバイスしたり、ITに詳しくなろうと、SNSにしっかりコミットしてSNSの正しい使い方を教えたり、学童保育を立ち上げたので、そこのお手伝いを子供たちにさせたり。

多分私の子供だから、味わえたことが多くあると思う。

それがよく出るか、悪く出るかは分からなかったけれど、「自分で育ったし」というセリフのなかに「おれたちは俺たちの力で生きていける」という自信を育めたという確かな手ごたえを感じることができた。

私は、よくある「お母さんありがとう」という言葉はいらない。

親なんて捨てればいい。自分たちの力で自分たちの思うがままの道をすすめばいい。

いつでも私は息子を応援している。でも、応援団だけで終わらない。自分の人生もしっかり歩もうと思う。

私と息子は「同志」だと思っている。親だからとか子だからというのではなく、信頼できる「同志」

上三人に向かって「お母さんに「お母さん」を求めないでよ!」

というと、三男が「お母さん。そのセリフすごいな。」

「お母さんにお母さんを求めないで!BYお母さん」とつぶやいて二階に上がっていった。高校生の息子にはもう少しお母さんらしいことも必要かなと反省も・・・

自分の子育てを自慢することはできないけれど、私にとって4人は自慢の息子だということは胸を張って言える。良い子育ての方法なんていうものはないと思う。

世間の良いお母さん像に振り回されずに、自分の子供にとって何が必要かを試行錯誤することが母親としての醍醐味だと思う。

世間のお母さん像にしばられることなく、人と人として子供と向き合う。それが何より一番いい子育ての方法なんだと思う。

f:id:ekarisodami:20170305090335j:plain

 

 

 

ワンオペ育児の限界は2人まで。

4人男子を持つ母です。

上から20歳、18歳、16歳、8歳で、とにかく子育てとしてはひと段落ついた私が今思う事を書いてみます。

5月に二人家からいなくなり、私がまず思ったこと。

「4人家族ってこんなに家事が楽なんだ。」

という事です。

6人分の洗濯物の量、食事の量、部屋の汚れ方、全てが私のキャパオーバーでした。

私自身、再婚するときに、家事育児、私が全部やる!と主人に豪語したものだから、甘えられない。やらなきゃ!!と、産後1ヶ月間もなく仕事にも復帰し、仕事、家事、育児と必死にやってきました。

片付かない家に、主人のイライラも募るし、私もそんな主人に気を使うしで、悪循環。

やらなきゃやらなきゃと思って8年。

 

4人になって本当に楽になりました。

とにかくスムーズ!!

洗濯物は一回回せば済むし、取り込みも、畳んで仕舞うまでできます。買い物袋は4つ抱えていたものが2つになり、料理も4品くらい出していたのが2品で済む。

お金もそんなに出て行かない!

そこで私は思いました。

多分多くの人たちにとって、核家族でやっていくには、4人が限界なのだ。

お父さん、お母さん、子供二人。

これは合理的な形だったんだと。

 

なるほど。私は自分が段取り悪くてできない怠け者だと思っていたけれど、ただのキャパオーバーだったんだ。

 

もちろん子供一人でも大変だと思うのですが、特に子供が3人以上いるご家庭は、ベビーシッターや、お家サービスやらなんでもつかってもいいから、家事育児を外のサービス使ってやるべきなんです。

母親なんだからと、一人で背負い切れるのは二人まで。

歴史的に見ても、母親一人で子育てするなんてないですから。

みんなコミュ二ティで育ててた。

たくさんの大人に目をかけてもらって大きくなるんです。

こんな私ですが、4人育てた経験で、力になれることがあるかもしれない。もし、一人で悩むお母さんがいたら、私にご相談ください。

📩 ekarisodami@gmail.com

 

子育てを、一人でやろうと思うのがまず間違いだということを広めていきたいです。

そして、少子化の今だからこそ、一人一人の子供達が輝けるよう大人たちがサポートしていかないといけないと思っています。

私の運営する学童保育です↓

https://www.facebook.com/wakuwakuCareer4.0/

 

↑このコミュニティでの成果を少しずつアップしていきます。

 

子供達のためにまずは、ママが笑顔で居られるような、そんなお手伝いをこれからもしていこうと思います。

 

 

 

ボク嫌われているかもしれない。

民間学童「ボクらの秘密基地」での話です。子供が学校の事を話すのは、帰ってきた時が、圧倒的に多いのです。

学校は、子供にとって頑張る場所。その鎧を脱ぐのが、帰ってきた直後なのです。学校で何かあった時は、帰ってきた時の雰囲気でわかります。

「あれ、今日なんかあったのかな?」

そこで、すかさず声をかける。

「あれ?なんかどうしたん?何かあった?」

 

この声かけ重要です。

「別に〜」

と、はじめは話してくれません。でもしばらくすると話してくれることが多いです。

今日もこんなことがありました。

 

「あんなぁ〜。ボクな〜。クラスで嫌われてるかもしれへん。」(涙ぐむ)

「なにがあったん?」

「今日机運ぶ時になぁ〜ボク片方持ってるのに、誰ももう片方を持ってくれへんかってん〜(T ^ T)誰か持って!って言ったのに誰も来てくれへんかったぁぁぁ(´;Д;`)」

「ふー。そうかぁ。」

その話を周りで聞くお友達に

「ねぇねぇ。〇くんは□君(泣いてる子)の事好き?」

「えっ?ふつう。。。」

「じゃあ△君は□君のこと好き?」

「大好きっ!」

「ほら、良かったやん!大好きやって!!大好きって言ってくれる人一人いたら、それでいいやん!△君が大好きって言ってくれたよ!」

「実は俺も大好きやけどなっ!!」

「わっ!〇君も大好きやって!良かったな!二人も大好きって言ってくれたよ!!もう、大丈夫!!」(ヨシヨシ)

「でも、嫌われたくない〜。・゜・(ノД`)・゜・。」

「まぁ、今度は誰か持って!って声かけるんじゃなくて、☆ちゃん持ってとか個人的に頼んでみたら?」

「でも、みんなに好かれようなんて思わなくていいよ。大好きって言ってくれる人が一人でもいればいいんやから」(ヨシヨシ)

「はい!宿題しよう〜」

 

泣いてる子が我が子なのですが、こんな時、ホントお友達に救われるなぁと思いました。息子のことを「大好き」と言ってくれた友達にホント「ありがとう」って思いました。あと、息子にも「ちゃんと嫌やった事も教えてくれてありがとう!これからも色々話してね。」と伝えました。こうやって弱音を吐いてもいい場所なんだな。と他の子供たちも思ってくれるといいなと思ってます。

 

これからも、この帰って来た時の様子をしっかり観察して行こうと思います。

そして、何か変化を感じた時は、すぐに保護者の方へフィードバックできるようにしていきたいです。

保育に大切なのは、この「観察」と「保護者との共有」

「ボクらの秘密基地」の原点をもう一度教えてもらえた出来事でした。

 

 

NEM Meetup JAPANのイベントに参加した!

NEMってなんだ?

そんな方はこちら。↓↓↓

kasou-tuuka.info

NEM Meetup JAPANって?

twitter.com

NemMeetup JAPAN主催のこのイベント。

大阪では初開催だとか。ザッと50人くらいの方が集まっていました。

若い男性が多いイメージです。参加者の女子率は10%くらいですね。

内容に関してですが、NEM 基本編から始まり、現在のNEMの開発に関してのお話し。そして、目玉はNEM財団 副代表のジェフさんとのSkype中継!

こうやって、NEM財団の方の話を直に聞けるって貴重な場ですよね。

質問コーナーでは、躊躇せずバンバン手が挙がってました!(さすがOSAKA!)

英語で直接ジェフに質問する方もおられました。(カッコイイ!でもなに質問してるかわからないよ(´;ω;`))英語の必要性を感じずにはいられません。

詳しい内容は、ここでは控えますが、私が気になったのはこれ。

medium.com

NEMコミュニティが盛り上がるためには、実店舗で使えるお店を増やすことだと思いました。

今回のイベントで懇親会も催されたのですが、その中で高校二年生の男の子が目をキラキラさせて「高校は普通科なんですが、家でネットで調べながら色々触ってます!」なんていう感度のいい若者とも話すことができました。

みんな和気あいあいとした雰囲気に、NEMコミュニティの人はお客さんとしても質が高い!なんて未来もくるかもしれません。

とにかくNEMに可能性を感じ、ワクワクしました。そう。私の仮想通貨とのかかわりは投機目的にあらず!!

未来を大きく変えるこのテクノロジーに触れて、ワクワクすること。

この目的のために買ってます。

主催者はこの方!

twitter.com

この方、とにかく愛嬌がある!!そしてNEMへの情熱があふれ出てる!!

NEMのイメージUPに貢献してますね。

私だけの主観ではないと思います。会が終わった後、たくさんの出席者に囲まれて色々話していましたからね。

こういう方が主催すると、仮想通貨の怪しいイメージが一掃されると思うので、どんどんこのイベントは広めていってほしいですね。

 

小1の息子を連れて参加しましたが(息子は静かにゲームしてました(笑))とりあえずNEMのマークだけは覚えたと思うので、それだけでよし!!と思ってます。

この子が高校生になった時には、日本中でNEMが使われてるんじゃないかな~と妄想しつつ帰途につきました。

妄想し過ぎで、電車の中で子供に「ママ!ここどこ?」と言われて、はっ!と気がつくと一駅乗り過ごしてしまいました。

 

すげ~!!!NEM力半端ない!!!

 

そんなことを感じたイベントでした。

次回は名古屋開催だそうです。残席わずかだそうです。↓↓↓

passmarket.yahoo.co.jp

 

 

 

 

お金2.0から考えるこれからの子育て。

今もっとも売れているビジネス、経済書!

この本については2017年12月にご紹介しました。

ekarisodami.hatenadiary.jp

この本を多くの人に読んでほしい。そんな思いから読書会を開きました。

タイトルはこれ。

「お金2.0」から考えるこれからの子育て

その読書会の内容をご紹介します。

f:id:ekarisodami:20180216112837p:plain

参加者は私の運営する民間学童に参加していただいている保護者対象です。

f:id:ekarisodami:20180216113006p:plain

テクノロジーの進化は確実に私たちの生活に影響をもたらしています。

しかし、それに気が付いている人が少なすぎる!!

こちらをご覧ください。

f:id:ekarisodami:20180216113218p:plain

この写真は2005年のローマ法王の就任式の写真です。

8年後の写真がこちらです。↓↓↓↓↓

 

f:id:ekarisodami:20180216113334p:plain

わずか8年の間でこのように多くの人がスマートフォンタブレットなどを携帯するようになりました。GPSがついているものを持ち歩くなんて気持ち悪い!!なんて言ってた時代が嘘のようですね。

さて、昨今の子育て事情について私が問題だと思っているのがこの2点です。

f:id:ekarisodami:20180216114016p:plain

なので、このような読書会を開き、少しでも時代の変化をキャッチし、子育てに生かしてもらえればと思っています。

それでは、少し経済について触れてみましょう。

f:id:ekarisodami:20180216113534p:plain

私たちが日々お買い物をしたりする生活にかかわるお金は消費経済と言います。

けれど、世の中は、この消費経済で動いているのではなく、資産経済で動いています。

これが9割ですからね。すごいですね。

今、色々話題にあがる仮想通貨も、金余り現象が引き起こしたと言ってもいいでしょう。とにかくお金は余っているらしいです。

ちっとも、その感覚はないですね。(笑)

ただ時代は今までの資本主義から価値主義へと変わっているらしいです。

f:id:ekarisodami:20180216114635p:plain

では、価値主義って何なんでしょう?

今までこれは「価値がある!」と思っていてもお金にはならなかったもの。

それが経済として動いていくということです。

 

f:id:ekarisodami:20180216114812p:plain

f:id:ekarisodami:20180216115031p:plain

もうすでに始まっている世界なんですね。

私はとにかく、ほぼやってみました。やってみないと教えられないと思うからです。

テクノロジーの進化についていこうと思ったら躊躇なく飛び込む!これしかないですね。飛び込んでみてから理解が追いついていく。そんな感じです。

まぁ40代以上の主婦でここまでアクティブに動いているのはマレだと思います。

前に学校訪問の仕事をしていた時に、この辺りの話を先生に話をすると「身を削ってますね。」と言われたことがあります。(笑)

でも、ホントやってみないとわからないことだらけです。まず、カタカナ用語もわからない(笑)わからない言葉をググることから始めてます。

やってみないと子供たちに教えられませんから。情報収集。これは、子供を預かるものとしての仕事の一つだと思っています。

f:id:ekarisodami:20180216115643p:plain

評価経済を考えると、若者はどうしても注目度というものに走りがちです。

けれど、結局注目度を集めても、その人に倫理観がなければバッシングにあったりして、信用が落ちてしまいます。

なので、この「倫理観」の教育というものがこれからの時代とても必要になってくると思うんですね。子供にスマホを与える前からしっかりと話さないといけないことだと思っています。

f:id:ekarisodami:20180216115956p:plain

ここまで、お話しして色々不安になられたと思いますが、今私たち親世代が生きている資本主義という経済はこれからも残っていきます。

どちらがいいかというのではなく、自分に最も適した経済を選べるという選択肢が増えるということだそうです。

f:id:ekarisodami:20180216120328p:plain

まず、子供を育てる時に知っておいてほしいことがこの言葉です。

もう、考え方が我々と全然違うんですね。先日うちの学童で「Hour of Code」というサイトでプログラミングの勉強をしたんですね。

私も初見で一緒にやろうとPC開いたんですが、私が読んでいるうちに子供たちは「こうするんやで。ほら。できた。」とサクサク進めていくんです。もう感覚ですよね。

私が説明を読んでいるうちに、もうドンドン進めていく。

そして最後にはこう言われました。

「未来は子供らにまかせとき!!」

頼もしいですね。でも、悔しいのでまだまだ古い脳をフル回転させてついていくつもりです。

さて、ここからは具体的に何からするかを考えていきたいと思います。

ここから、私が次に推薦する1冊が落合陽一の「日本再興戦略」です。

 

 

 

f:id:ekarisodami:20180216120831p:plain

落合陽一を知らない?

もうね。日本の宝ですよ。私が今一番日本を任せたい人はこの人ですね。

知らない方は、Twitterフォローすることから始めてください。

あと、NewsPicsというアプリもダウンロードしてください!かなり勉強になりますよ。テレビと新聞からしか情報を得ていないとなると、もうかなり時代遅れだと思ってください。時代遅れでもいいんです!ただね。子供にエラそうに教えるのはやめてください。だって、勉強していないんですから。

newspicks.com

f:id:ekarisodami:20180216120915p:plain

そしてこれからの時代に必要な事。

こういうことを子供たちに伝えていきたいですし、子供たちの情熱の火を消すような大人にはなりたくないですね。

 

f:id:ekarisodami:20180216120946p:plain

子供が何かをやっているときに、私はよくその「目」を見ます。

イキイキしているときは、脳もフル回転しています。そんなときは「邪魔しない!」

大人ができるのはこれだけです(笑)

あとは、大人が勉強をずっと続けることです。今日来てくださってこうやって話をしているのも、横で子供たちは感じています。勉強は大事やで。それは言葉で伝えるよりも、大人がやっていくことが一番必要なことだと思います。

知るってことは楽しいことだし、勉強も本来苦痛なものじゃない。

ワクワクしながら、この時代の変化を楽しみたいですね。

f:id:ekarisodami:20180216123927p:plain

こういったコミュニティをこれからも大切にしたいと思います。

私も正解を知っているわけではありません。なので、気が付いたことがあればどんどんご意見ください。

みんなで模索しながら時代を「創る側」の人間を育てていきましょう。

f:id:ekarisodami:20180216124132p:plain

 

 

 

ホリエモン万博に参加する意味って?!

2018年2月3日、4日はホリエモン万博

ホリエモン万博公式サイト

公式サイトを見てください。

1万人の巨大街中フェス!!

豪華ゲストとの対談、民間ロケット、ワイン、落語、街コン、音楽、映画祭など、色々ありすぎてよくわからない・・・

そんな人にオススメはこれ!

passmarket.yahoo.co.jp

とりあえずこれ買っておいてください。

 

ホリエモンはなぜ祭りにここまで力をいれるのか?!

豊かな人生を歩みたい。きっと誰もが思っています。

最近ワクワクしてますか?ときめいていますか?

こんな時、ホリエモンはこう言うのではないでしょうか。

「遊びにハマれ!」

会社と家の往復で、付き合う人も限られている。そんな日常を過ごしている方は

是非ホリエモン万博に足をお運びください。

とにかくパスポートを買って、興味のあるブースにガンガン立ち寄ってみてください。

自分が何にハマれるのか、自分のワクワクする心の琴線は何だったのか?

そんな自分が思い出せる2日間になると思います。

 

お金?!万博で得たものを使えば、その何倍も取り返せますよ。

行くか、行かないか。

迷っているのならGO!です。

チケット一覧 – ホリエモン万博

 

最後に多動力のおわりにの言葉を・・・

「多動力」は大量の仕事をこなすための技術ではない。

命が果てるまで、1秒残らず人生を楽しみきるための、生き方である。

 

重要な事は、Just do it. Just do it.

ただ実践することだ。失敗して転んでも、また実践する。

膝がすり傷だらけになっても、子供のように毎日を夢中で過ごす。

あれこれ考えるヒマがあったら、今すぐ、やってみよう!

 

いい時代へと移り変わる。だから何も怖れず前に進もう。

4人男の子の母です。

SNSで発信したり、仮想通貨、valu、COMSA、オンラインサロン、芸能人マネージャーと様々なものに手を出していますが、子どもたちに「こんな未来があるよ」と示せるようにとの思いからです。

まぁそれも、おせっかいかもしれないなと思いつつ、子どもたちがなにかに躓いた時に「大丈夫!」と言える為には大人が情報を仕入れておかないと。

そんなことを伝えたくて、自分の子供だけでは飽き足らず、民間の学童保育まで始め、いろんな子どもたちと毎日過ごしています。
子育てになんの心配もなくなる。こんなにいい世の中になっているのに、不安で前に進まないのはもったいない。

日本人は変化を嫌う?

この間、藤野英人さんと堀江貴文さんの対談で、日本人がチャレンジしない民族だと言うのは、間違っている。遣唐使は、出港してたどり着けるのは50%しかいないとわかっていながらも、渡った。これをチャレンジ精神と言わずして何という?チャレンジする民族なんですよ。という話に痺れた。

freshlive.tv

 

そして、購入したのがこの本↓

/:


そういう時代に戻っているだけなのだと思う。
藩としてそれぞれが栄えたあの時代に戻るだけ。
だから何も怖くない。

時代を前に進めよう。それが、子どもたちが生き生きと過ごせる未来を残せる唯一の手だと思うのです。

大人も共に学んで、一緒にワクワクして毎日眠りにつけるようなそんな時代なんだと私は思っています。