読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナカナのーと

日常の気になることを書きます。

子供に必要な事って何だろう?~民間学童保育を立ち上げられるか?パート3~

ekarisodami.hatenadiary.jp

賃貸契約完了です!!

部屋借りました。3月下旬にリフォームが終わり4月1日受け渡しだそうです。

間取りがこちら。

 f:id:ekarisodami:20170224154549j:image

大家さんがとても、良い方で家にあったもので使えるものは使ってくださいと言ってくださったので、タンスや長机はいただくことに・・・感謝です。

そろそろ、説明会の段取りもしなくてはいけません。

この学童保育の売りはなんなんだ!そんなことをまとめようと考えているときにこんな記事をみつけました。

diamond.jp

皆さんが今、仕事をしていて培った能力って放課後の遊びが大きいと思いませんか?

私は小さいころ近所の友達と野山を駆け回り、鬼ごっこ、かくれんぼ、秘密基地づくり

、ままごと遊び、だるまさんがころんだ、陣取りなどなど。。。あと、死んだインコを埋めるお墓づくりなんかは、今考えるとかなりクリエイティブでしたよ。

山へ行って、穴を掘って埋めて近くの苔を移植して、きれいな石で覆い完成させたときの達成感!

 

こうやって、自分たちで考えながら作っていく。そんな遊びが今に生きていると感じています。

でも、今の子供たちにはそういった遊びがない。五感を使って自分たちで想像し遊びをつくる。昔私たちの頃の陣取りなんかは、真剣にケンカして怒って帰る友達がいたり、でも仲直りも自分たちでしていましたよね。

 

そんなことができる時間がなかなか持てないのが昨今の子供事情です。

子供だけで遊べる場所も限られています。叫ぶと近所にうるさいと怒られる。

それに気を遣う親は、家の中で遊ばせるしかない。

それなのに、こういわれるのです。「最近の子は、ゲームばっかりして・・・」と。

 

日本が今、子供に厳しい世の中であることに間違いありません。

だからといって嘆いているだけでは、何も変わりません。子供は刻々と成長していきます。大人がそういう場所を作ってあげる。そんな私塾があってもいいのではないか。

そう思うのです。大人は見守り隊。近所のクレームも引き受けます。

のびのび育てたいのです。

「いいね!」「その思い付きすごいね!」そういって大人がお手伝いしながら何かを形にしていく、プロジェクト実施型プログラム。

これが、私がやりたい放課後の過ごし方です。

 

お手伝いしてくれる人をみつけました。

私1人では、なかなか目が行き届きません。お手伝いする人がほしい。そう考えているとき、息子のお友達のお母さんがふっと頭をよぎりました。

息子に聞きました。

「○○くんのお母さん、誘ってもいいかな。」

息子は初めは、嫌がっていました。「俺の友達の家巻き込まんといて!」と。

 

でも、何度か説得すると、「声かけるくらいならいいよ。」と息子からお許しが・・・

ただ、その方もお仕事をされているのは、知っていたのでダメ元でお声がけしました。

そしてその方に、私がやりたいことをお話ししました。

すると「実は、メールもらった二日前に今の仕事を3月いっぱいで辞めると会社に伝えたところだったので、すごく驚いた。なので、話聞いてみようと思ったよ。」とのこと。。。

 

このタイミング!!!鳥肌がたちました。

それを聞いて私も、この人を逃すかと熱く誘い「私でよければ」とOKを頂きました!!!やった~(*^▽^*)

これで、なんとか開所できる目途がつきました。

さぁここから、チラシをつくったり説明会の準備をすすめていかねばなりません。

急ピッチでリフォームが進む中、私も急ぎ準備を始めます。

 

ありがたいことに、様々な方面からも「協力するよ」と声をかけていただいています。子供たちが、生き生きと過ごせる居場所づくり。

 

まずは、子供が帰ってきたときの様子をちゃんと見る。

「おかえり!今日どうだった?」

自分の子供の経験ですが、子供は学校から帰ってきたその時にいろいろなことを話してくれます。その帰ってきたときを逃すと、一気に学校モードが冷めるので「今日学校どうだった?」と夜に聞いても「別に」という返事が返ってくるのです。

この瞬間を逃さず動画で撮影しながら会話し、お母さんとシェアする。

 

そうやって、子供の小さな変化も親御さんと共有しつつ子供の成長をともに楽しむアドバイザーでいられればと思います。

何を提供するかももちろん大事ですが、何を見逃さずキャッチするか。子供からの信号を受け取る大人として、関わっていきたいと思います。

初心忘れるべからず!こちらに記していきます。

 

私の立ち上げまでの軌跡はまだまだつづく・・・

 

 

 

 

AbemaTV 徹の部屋 緊急特番に角川春樹と北方謙三が登場!!!

AbemaTVの「徹の部屋」がプレミアムな番組なんです!!

みなさんAbemaTVのダウンロードはお済みですか?

ekarisodami.hatenadiary.jp

2月19日(日)放送の徹の部屋のゲストはなっなんと!角川春樹さんと北方謙三さんでした。こんな大物対談はなかなか見れるものではありません。

2時間生放送!!台本なしのトークに放送が始まる前からドキドキ。

見城徹さんにとって、角川春樹さんは親分。

角川書店の全盛期を作ったお二人。そして直木賞選考委員でもあるハードボイルドの巨匠北方謙三

 

角川文庫で青春を過ごしたと言っても過言ではない私にとって、この対談のプレミアム感は特別なものでした。

犬神家の一族」「人間の証明」「野生の証明」「セーラー服と機関銃」「探偵物語」「時をかける少女」などのヒット映画を生み出した角川春樹さんの存在感は、圧巻でした。

そんな角川春樹さんの登場に、なんとエイベックスの松浦社長まで途中飛び入り参加!!天才は天才を惹きつけるんだね~と見城さんが目を細めるシーンがあるのですが、この松浦社長のあどけなさといったら!!(笑)

「角川さんは変人ですね~。神っ!!」

「映画を撮るためにモンゴルに行った人が雨が降らないから困ると言うと、角川さんが呪文を唱えたら雨が降ってきた」とか「一緒に吉野に行って朝起きたら足が痛くて、角川さん足が痛いんですけどって言ったら、その辺にある草を折って持ってきて、雨あられ~なんちゃらなんちゃら~って唱えてえいっ!!て祓うと足痛いのの治っちゃったんですよ。」

なんていうエピソードも飛び出しました。

角川春樹さん超能力者なんですねっ*1

その他、17年間角川春樹さんに仕えた見城さんだからこそ、聞き出せるお話しが盛りだくさんでした。

人間で考えるからね。こいつならできると思った事しか言わないから。

こいつ(見城さん)の才能をいち早く見抜いてたからね。

角川春樹さんが言えば

絶対無理なことでも、社長に喜んでほしいという一心で、必死になって考えて動いたからね。

と見城さんが言う。

刑務所に行ってる間でも角川春樹事務所がなぜもったか。俺が三国志を書いたからだよ。

13巻書き下ろしで書いたんだよ。2カ月に一回。

この人金に困ってたからさ~印税もらえるかわからなかったけど、書いたよ。でも、ちゃんと自分ち売って金作って払ってくれたよ。

北方さんが言う。

ほら、また作家は作る~家なんか売ってねぇよ。

と照れた角川さんが突っ込む。こんな感じで軽快なトークが続きます。

とにかく、三人義兄弟の熱い絆をまざまざと見せつけられた2時間でした。

そして、この三人のやり取りをみて感じたこと。

 

人の仁義ってこういうものなんだ。

生きるってこういう関係性を結ぶために生きてるんじゃないか。

昨今、希薄になる人間関係に一石を投じる番組だと言い切れる。

人との関係が財産になるんだなと教えてもらいました。

これを見ないという選択肢はありません!!!

あの時代を生きた人たちならぜひ!視聴期限があるので今しか見れないと思います。

 

abema.tv

「徹の部屋」で検索し、#9回目をご覧ください。

気を付けてもらいたいのは、見逃した番組は月額960円の「プレミアムプラン」を申し込まないと見られません。でも、その価値はあると思いますよ。

 

 

そして次回は2月26日(日)21:00~23:00

ゲスト 近藤太香巳さん  郷ひろみさん  です。

 

次回も楽しみですね。

もっと詳しく見城さんを知りたい方はこちら。

見城徹のトーク | 755

こちらに、今回の番組の感想も書かれています。

熱い見城さんの読者とのやりとりもお楽しみください。

やじうまコメントもできますが、かる~いヤジコメはやめてくださいね。

正面突破の方ですので、とにかく過去スレをしっかり読んで見城さんのお部屋の雰囲気を感じてからコメントしてください。

 

いや~この世にあらざるものを生み出す、見城徹さん。

素敵です。

そして、今見城さんがオススメしている本はこれ。

こんな勉強になった本はない!

とのことなので、購入して読まなきゃ!

:

 

 

 

 

 

*1:+_+

高校受験 親が子供に出来ること。part 2

私立の受験が終わりました。

ekarisodami.hatenadiary.jp

併願校の受験が昨日終わりました。受験前にネットで電車の乗り換えなどをチェック。タブレットを持っていってはいけないとのことで、慌ててプリントアウト。

 

何時の電車にのり、どこの駅で乗り換えか・・・

 

一度私と一緒に下見に行ったのでわかるだろうと思っていたのですが、話をするとかみ合わない(; ・`д・´)

駅と駅の間にある学校で、どちらで降りても歩いて10分程度。調べた駅は、前回とは違う駅。

「ちょっと。これ、この間降りた駅と違うやん!!前降りた駅にした方がいいんちゃう?その方がわかるやろ?」

「あっそうか・・・」

 

ふっ不安・・・( ;∀;)たどり着けるか??

 

三男ってお兄ちゃんの後をついていけば、とにかくどこかにたどり着くので、自分で調べてどこかへ行くという経験が上の息子に比べて少ない。

勉強以前にそういうところを学んでほしい。

受験に親が関わらないとどうなるか?

あと、試験前日に「お母さん。選択科目数学と社会どっちがいいと思う?俺数学にしようと思うんやけど・・・」

「えっ?今?赤本やったんやろ?どっちの方が点数とれたん?」

「う~ん。あまりやってないんやけど、数学の方が簡単やったし、数学にしようかなぁと思って。」

「・・・ちょっと今からでもやったら?あんた凡ミス多いし、つまらない計算ミスするやろ?社会のほうがいいんちゃう?」

「あぁそうかも・・・」(といってリビングで勉強し始める)

 

・・・・・読んでくださっている方には呆れられると思いますが、ホントにほったらかして、親が関わらないと直前にこんなことになります。

そして、本人に焦りは一切なし!!(ある意味すごいな。神経図太い)

「明日の持ち物は?お弁当いるやろ?」

「えっ?お弁当?食べる時間ないしいいわ。」

「えっ?お弁当いるって書いてあるやろ?」

「書いてあるけどいらん。食べる暇ないし。あッあと、お母さん見城徹の「たった一人の熱狂」貸して。面接で待ってる間勉強したらあかんから、それ読むわ。」

私が、息子たちのバイブルにと渡した単行本。三男が学校の読書の時間に読んでいるらしく、見城さんの熱き魂に「すげーなこの人!」と感化されている。

受験のお供に見城徹 お願い。熱狂してね。( ノД`)シクシク…

そうやって迎えた受験当日。

朝は自分で5時半くらいに起きてきてバタバタと用意している。何回も持ち物の確認してお金を用意して、受験票、上靴、準備は万端。

そして、のんびり・・・

ん?私「6時54分発の電車やったやろ?」

息子「えっ?7時12分やん。」

私「いやいや。見てみて。6時54分やん!!」

息子「あっほんまや!!」

といって、急いで駅に向かいました。

「行ってらっしゃい!!頑張って!!」

そんな言葉を背中にかけて・・・

 

そして、受験が終わり帰ってきた息子

私「どうやったん?」

息子「社会できなかった。。。まぁ7割はできたけど。」(どっちやねん。)

「あと、お昼ご飯もってきてないの俺だけやったわ。」

私「そうやろっ!!だから言ったや~~~~~ん!!!!」(´Д`)

 

家に帰って買ってきたマック食べてました・・・(´;ω;`)

 

そのあとも、「全然緊張しなかった。社会解いた後、眠くなったくらい!!」と。

アホなのか、大物なのか・・・(後者で会ってほしい親心)

そんな感じで、一つ終わりました。

 

受験という壁は試験だけではない。子供の成長の場だとの考えでほったらかしにしました。学校まで送り迎えするのではなく、自分の力で調べて、自分で行くことも、自分で必要なことを用意することも受験で得る力だと思うのです。

そして、失敗すると大きな代償が自分に返ってくる。

 

健康管理だけ気を付けてあげればいいと思います。

(といっても、私は飲むヨーグルトを飲ませたくらいですけど(笑))

ドキドキハラハラしながら、ほったらかす。見てないわけではないです。

みつめながら、放っておく。これが、親に必要な事だと私は思っています。

 

・・・いや。エラそーに言えません。ただのぐーたら母です。

さて、結果やいかに!!そして、来週の本番にむけてラストスパートだ!三男坊!!

f:id:ekarisodami:20160209184439j:plain

 

 

 

 

 

 

子供に必要な事って何だろう?~民間学童保育を立ち上げられるか?パート2~

場所が借りられそうです!!

ekarisodami.hatenadiary.jp

子供たちの放課後の居場所を作るために動いていました。色々な物件を見て回り、やっといいところを見つけました。

5LDKの一軒家です。

大家さんも「地域の人のためになるように使ってほしい」という意向と私のやりたいことのマッチングもばっちり!!

今契約に向けて最終の打合せ中です。

4月から入居可能になります。

 

間に合うのか?

・・・間に合わないと思います。(笑)

そこで、発想の転換です。初年度1年間は大きく広報せず、4月に小学1年になる息子の友達、ご近所などに声をかけ試用期間をもうけようと思います。

「ボクらの秘密基地(仮称)」

子供たちが自分たちで秘密基地をつくるように、何もない家に集まり自分たちで必要なものを考え、話し合い、用意するということをやろうと思います。

必要なものを買う資金はクラウドファンディングで集めるというのも、子供たちとやってみようと思います。

小学1年生にどれくらいのことができるのかわかりません。

でも、好きな本をみんなで本屋さんにいって買うとか、家具をネットで注文し、組み立てるとか。本当に1から自分たちで、自分たちの居場所を作るんだという気持ちが一番子供が成長するのではないかと思っています。

 

考えるだけでワクワクドキドキしますね。

家賃がペイできるのかというのもドキドキしますね(; ・`д・´)

 

会費は1日1,000円くらいで考えて、週5日くる生徒で月20,000円。

週1回だけ遊びに来たいという子供には月5,000円。

料金はこれくらいで設定しようと思っています。

それ以外で保険もしっかりかけておきたいので、保険代は別途かかるようにします。

 

そこに集まる子供たちによって、内容がかわる学童保育

例えば、英語を習いたい!って子供が多ければ、自分たちで英語を教えてくれる先生を呼んでくるとか、そういう大人が交渉するようなことを全部できるところまで子供がやるという形で進めていきたいと考えています。

 

うまくいくか、いかないか。これはやってみないとわかりません。

でも、大人が何かを提供する教室ではなく、子供たちが自分たちで行動する教室を作りたいのです。大人はサポートするだけ。安全を守る。命を守る。見守る。

そして、この立ち上げの経緯を随時報告していこうと思います。

 

ただいま~と元気に帰ってくる子供たちにとって、ほっとできて楽しい場所を提供していきたい。そして、自ら考え行動できる力を育みたい。

そのためには、大人も一緒に悩み考え、一緒に作り上げる。

この経緯をブログを通して、綴っていこうと思います。

賃貸契約がきちんと決まれば、場所も広報していこうと思っています。

 

 

 

 

 

ホリエモン祭りって何?

2月4日(土)は六本木でホリエモン祭り!

headlines.yahoo.co.jp

これ、全て「堀江貴文イノーベーション大学校」の会員で主催、運営しています。

サイトの作成からポスターチラシの作成、印刷、ポスター貼り、ゲストのブッキング、スケジュール調整、会場との打ち合わせ、広報、宣伝 etc・・・

 

もちろん、みなさん本業を抱えつつこの運営をしているのです。

それも、1か月という短い期間で・・・

私はこの動きをHIU内で見ているだけですが、運営の方のご苦労には頭が下がります。

 

ホリエモンからの無理難題にも「即対応!」

2月4日開催ですが、実際に動き始めたのは年の暮れ。。。

あまりにも準備に日がなさすぎる。

HIUには「強制力」というものが一切ありません。「やりたい!」と手を挙げた人が責任をもってやりきる。それだけなんです。

その短い期間にどれだけのチャレンジができるのか。

例えばこんなことがありました。

メインシアターの人狼イベント

堀江「人狼イベントの投票システムなんとかしたいんだよね。せっかくだから、人狼の投票を数百人規模でやりたいんだよね。」

運営「今回のプレイ時間内では難しいとのことです。来年の課題にします。」

堀江「いや。それ、チャレンジしましょうよ。」

 

1か月ほどしか準備期間がない中で、こんなことできますか?

それが!!1000人も会員がいると違いますね。

「友達がスマホ投票システムをやっているので協賛できるか聞いてみます!」

という人が現れ、なんと、投票が可にっ!!!

そして今回の人狼イベントは観客参加型でできることになったのです。

凄いですね。たぶん普通の企業では「時間がありません。できません。」で終わっていたと思います。

それが「いや。それ、チャレンジしましょうよ。」の一言で実現できるのですから。

これからはエンタメがビジネスになる!!

堀江さんのこの考えを元にサテライト会場も盛り上がりをみせています。

街コン(満員御礼!)

麻雀対決

ポーカー(満員御礼!)

アイドル祭り

VR体験会

ビリヤード

ゴルフ

ボードゲーム

アフターパーティ

バンカラ

fes.horiemon.com

これも全て、このエンタメに心血注ぐメンバーが主催しています。

運営に関わる全ての人たちが様々な困難を一人一人が悪戦苦闘しながら、為しえていく様は小説のようです。

本当に「やればできるんだ!」とできる人たちをリアルタイムに拝見し、その様に勇気をもらいました。

「できない」と決めつけているのは、本当に私たち一人一人の意識が決めているだけ。

これだけの大掛かりなイベントをたった1ヶ月で仕上げられる。

それも会社組織などなくても。やりたい、やりきるんだという強い意思のある有志が集えば。

 

こんな思いの詰まったホリエモン祭り、実際に足を運んで体感してみませんか?

今ならまだ、チケット入手できます。

passmarket.yahoo.co.jp

これからの働き方が変わる、そんな未来がこのイベントで垣間見れるかもしれません。

 

(そして、私も物販ブースで黒糖ジンジャー紅茶販売しています。飲みにきてくださいね!)

 

 

 

 

直木賞 「蜜蜂と遠雷」を読んだ。

蜜蜂と遠雷を読了!

www3.nhk.or.jp

直木賞に選ばれた恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」を読みました。

まず惹かれたのは装丁。

蜜蜂も遠雷も描かれていないのに、なぜかこの絵をみるだけで蜜蜂も、そして遠くでなる雷も想像できる。そんな装丁に思わず頬ずりしてしまいました。

そして、このイラストを描かれた杉山巧さん。調べてみました。

Takumi Sugiyama Illustration

www.inori-books.net

杉山さんどのイラストも素敵です。一気にファンになりました。

 どんな人にオススメの小説か?

全ての人に!!と言いたいところですが、しいて言うならば一度でもピアノを習ったことのある人、または、ピアノの音色が好きな人はぜひ読んでほしいです。

 

書店で購入するとき正直本の分厚さに「うわっ!読めるかな。。。」と不安に思いました。でも、ピアノのコンクールが舞台になっているということで、私には身近な題材なので、(音楽教室を主宰しています。)文章が頭の中で映像になり、驚くほど早く読み進めることができました。(読了期間は2日間でした。)

読んでいると、頭の中で音楽が鳴り響くのです。

バッハ、モーツァルト、リスト、ラフマニノフショパンetc・・・

ちなみに今このページでは、小説の中の曲がきけるようになっています。

www.gentosha.jp

読んでいる途中で、何度も何度も鼻の奥が熱くなり、あるところでは声を出して泣きました。淡々とコンクールが行われる様子が書かれているだけで、それほど大きなエピソードがあるわけではありません。それなのに、自分の感情にそっと寄り添ってもらえるようなそんな言い回しに、心がほっとするのです。

文中の大好きな部分を引用します。

「彼の演奏を聴くと、良かれ悪しかれ、感情的にならずにはいられない。彼の音は、聴く者の意識下にある、普段は押し殺している感情の、どこか生々しい部分に触れてくるのだ。

しばらく忘れていた、心の奥の柔らかい部分。

それは、誰もが持っている、胸の奥の小部屋だ。」

 この「彼の演奏を聞くと」というところを、この「著書を読むと」と置き換えてほしいのです。この本は、昔私たちがもっとたくさん持っていた感受性をもう一度表へと導いていくれる。そんな感覚に陥ります。

 

オーケストラの音楽を聞いた後、目を閉じると鮮明にその音が再現された子供の頃。

音には色があると、音楽を聴くと感じていた憧憬。

言葉にできない、たくさんの思いを胸に秘め、社会でうまく立ち回るために私たちは多くの感受性に蓋をして大人になってしまった。

 

でも、もっとあの頃のように、自分の持つ感受性を表に出してもいいのではないか。

人に「変な人」と白い目で見られることをおそれず、もっとのびやかに感じるものを感じ、それを表に表現すればいい。

 

そんなことを、何度も何度もくりかえし、私たちに問いかけてくる。

 

この本からそんなメッセージが届きました。

 

思いを文章に乗せることは、とても難しい。

けれど、この本にはその人が言葉にできずとも感じている感覚を、すべて「言葉」に表現し、その感覚を奮い起こさせる。

 

文中にたくさん線を引きたくなる、その美しい表現に、読む人は音楽を感じるでしょう。

 

音楽を愛するすべての人にこの「蜜蜂と遠雷」をお勧めします。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

蜜蜂と遠雷 [ 恩田陸 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/1/24時点)

楽天はこちら

 

 

~音楽を世界に連れ出そう~

コンバトラーV物語。奇跡の再会へ・・・Part.2

ついに頭が我が家にッ!!

電話から数時間後、主人が帰ってきました。

(このお話しはパート1からの続きです。)

ekarisodami.hatenadiary.jp

 

「おぉ~!もう出してくれてたんか!どこにあった?」

などと話した後、そこからハードオフでどうやってみつけたかを熱く説明する主人。

ハードオフへ行って、アイツ(息子)がカードを見るのに結構時間かかってたから、俺暇やし、長いことブラブラしてたんや。それで、これを見つけたんやけど、いつもは行かないモエモエフィギュアの並びのガラスケースにポツンとあったから、見つけたこと自体が奇跡やわっ!ほら!こんな感じでショーケースに飾ってあったんや。」

と言って見せてくれた写真がこれ!!

 f:id:ekarisodami:20170115092257j:image

 

確かに!すごくわかりにくい!それにしても、これだけ売りに来た人ってどんな人なんだろう(=゚ω゚)ノ

「これ、店の人もまさか売れると思ってなかったから、かなり売るとき叩かれたんちゃうか。(頭だけですか~・・・全部そろってたらね。ジャンク品でももう少し高くとれたんですが。。。まぁ10円つけときますわ~)こんな感じちゃうか。いや~すごい!」

 

興奮冷めやらぬ状態でまくしたてる主人。

 

そして、なにやらガチャガチャと手元で組み立て始めた。

変形!!おぉ~そんなのできるんですかっ!!

これが5号

 f:id:ekarisodami:20170115092319j:image

これが4号

 f:id:ekarisodami:20170115092331j:image

これが3号

 f:id:ekarisodami:20170115092348j:image

これが2号

 f:id:ekarisodami:20170115092402j:image

そして・・・待ちに待った40年ぶりに手に入った

これが1号!!!

 f:id:ekarisodami:20170115092414j:image

 

 

一つずつが当時2000円くらいしたらしい。全部合わせると1万円!かなり高額のおもちゃですね。義母の気持ちが痛いほどよくわかる・・・

 

そして、奇跡の合体の瞬間!!

じゃ〜〜んっ!!!

 f:id:ekarisodami:20170115092440j:image

 

 

40年ぶりの合体!!!

 

f:id:ekarisodami:20170115092505j:image 

これには大笑い!!!全然違う!!!

 

 

よかった。コンバトラーVも喜んでいる。

 

それでは、皆さんこの歌をご一緒に!!

♪V,V,Vビクトリー コンバイン12 3♪

www.youtube.com

そして、主人がポツリとこんなことを言いました。

 

「思いって、ずっと思っていると叶うもんやな~ホンマに。40年たってもこのおもちゃが残っていたのも奇跡。それで、この頭が売りに出されたのも奇跡。それを俺が見つけたのも奇跡。すべては、俺の思いがこれを導いたんやと思う。」

 

強く、長く思うって意外な事が起きるものですね。

 

なんだか、すっきりした顔で超合金をみつめる主人が小学生の男の子の顔をしていました。

良かったね。