読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナカナのーと

日常の気になることを書きます。

SNS時代に必要なのはコピー力だ!!

秋ですね。

そう私は読書の秋にしようと思い、最近読んでいる本はコレです。

メンタリストDaiGoさんがイベントでオススメしていて購入。

ザ・コピーライティング~ジョン・ケープルズ著~

 

 

コピーってほんっとにいいものですねっ!

「別にコピーライターになるわけでもないし、必要ないな。。。」

いやいや!それがコピーって人を動かす道具ですよ。

この本の副題は

「心の琴線にふれる言葉の法則」

なんですよ。

少し前にはこの本が話題になりましたよね?

このSNS時代、ちょっと気になる彼女を食事に誘いたいときに、

「来週お食事にでもいきませんか?」と誘うのと、

「驚くほどうまいパスタの店があるんだけど、来週行きませんか?」というのとでは、

どちらがYESがもらえる確率が高いか。。。歴然ですよね。

~伝え方が9割(佐々木 圭一著)より~

言葉を紡ぐことが得意な人が有利な時代になっているのです。

 

この、ジョン・ケープルズの本の中から引用し、皆さんのコピーライティング力を図ってみましょう。

頭の体操~成功した見出しはどっち?~

育毛剤の広告案

提案1

ビジュアル:男性が別の男性のハゲ頭を指差している

見出し:「60日間前までは私が「ハゲ」と呼ばれていました」

コピー主旨:この育毛剤でめざましい効果があった男性の話を伝えている。

オファー:無料パンフレット「最新の育毛法」

 

提案2

ビジュアル:こちらに小切手を差し出している育毛専門家

見出し:30日以内に髪が生えてこなければ、この小切手を差し上げます

コピー主旨:この育毛剤の効果に満足できない場合は、小切手で返金すると説明している。

オファー:無料パンフレット「最新の育毛法」

さて、どちらが売り上げにつながったのでしょうか?

あなたが、広告主なら、どちらを選びますか?

 

さて、もう一問いきましょう。

退職年金プランの広告案

提案1

ビジュアル:車で旅行に出かける幸せそうな夫婦

見出し:一生続く旅行

オファー:無料パンフレット「退職年金プラン」

提案2

ビジュアル:なし

見出し:どうすれば一生の収入を確保して退職できるか

オファー:無料パンフレット「退職年金プラン」

さて、こちらはどちらを選びますか?

 

本にはこのように他にもたくさんの実例が載っています。そして、それぞれ2点の広告の効果はわずかどころか、大きな開きがあったそうです。失敗したほうの広告は散々な結果だったため、一度掲載されたきりだったが、成功したほうの広告は、何度も繰り返し使われたそうです。

 

さて、皆さん答え合わせをしてみましょう。

育毛剤

「60日前までは私が「ハゲ」と呼ばれていました」(成功)

ハゲ頭の男性の写真と「ハゲ」という言葉で、適切なターゲットの目をたちまち引く。コピーには結果を示す証拠もある。失敗したほうは、写真がターゲットを絞り込んでいないし、見出しにしても、この育毛剤がきかない可能性があるととられかねない。

退職年金

「どうすれば一生の収入を確保して退職できるか」(成功)

成功した見出しは、ふさわしいターゲットを絞り込んでベネフィットを約束している。もう一方の見出しはわかりにくく誤解をまねきやすい。ひとひねりしようとして、退職後の余生を一生続く旅行と言っているからだ。

 

さて、みなさんどうでしたか?成功したコピーを選べたでしょうか?

このように、エビデンスに基づき紹介されているので、とても分かりやすく勉強になります。

実際DaiGoさんは、この本に載っているように、商品コピーを作って売り上げに貢献したことがあるとお話しされていました。

 

かなり分厚い本で、値段も3200円と高価ですが、それだけの価値はあると思います

ということで、私もひとつコピーを・・・

 

「そのTシャツは あなたの見た目をオシャレにしてくれるだろう。

ジョンケープルズの本はあなたの内面をオシャレにしてくれるだろう。」

f:id:ekarisodami:20161009174150j:plain