読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナカナのーと

日常の気になることを書きます。

夏休みは家族で会話!!part 3

たまにはお父さんが寝かしつけのお話を・・・

①「よし今日はパパが寝かしつけしてあげよ~」

 

②「うん!!ママにいつもお話ししてもらうねん。パパもむか~しむか~しのお話しして」

 

③「よし。じゃぁジャックと豆の木の話しよう!!」

 

④「うんっ!!それ知らん!!」

 

⑤「あるところにジャックという男の子がいました。ジャックの家は貧しくて今日のご飯を買うお金もありません。そこで、ジャックのお母さんはジャックに言いました。

「ジャック。この牛を町で売っておいで。そのお金で今日のおかずを買ってくるんだよ。」

 

「はい!!ここで問題です!お母さんに頼まれたジャックはなんと答えたでしょう?」

 

⑥「え???(眠い目が大きくなる)なに?わからん~続き話して~」

 

⑦「何言うてるんや。パパの昔話はクイズ形式やで。正解しないと次には進みませ~ん」

 

⑧「え~いややぁ~・・・」

 

⑨「ジャックは「いやや~っ」てい言いました。ってオイ!話おわるやろ~!」

 

⑩「ふふふっ!うん。わかったって言って街にいく~!」

 

⑪「そうや。正解、ジャックは町に向かって歩いていました。すると、途中で一人のおじいさんが道端で座っています。そのおじいさんがジャックに声をかけました。

「そこの坊や。その牛とこの豆を取り替えっこしないかい?この豆はね。幸運を呼ぶ魔法の種で一日で天まで届くほど大きくなる魔法の豆なんだよ。」

 

「さて、問題です!お前なら豆と牛をとりかえますか??」

 

⑫「えっ?知らない人に話しかけられたら、ついて行ったらあかんやん。だから、無視して街にいくけど。」

 

⑬「はい。そして街にいきました~・・・・ってまた話終わるやろ!!そこはやな。物語を進めるためにどうするんや。」

 

⑭「取り換える???でも豆と牛と替えっこしたら、お母さんに怒られそうや。」

 

⑮「そうや。それなのにジャックは取り換えてしまうねん。なんでやろ?」

 

⑯「豆が好きやったんちゃう?ボクも枝豆大好きやし。」

 

⑰「そうやなっ!豆美味いなっ!冷えたビールに枝豆!!サイコーや!!」

 

⑱「ジャックのお父さんがビール好きやったんちゃう?」

 

⑲「ジャックのお父さんは行方不明なんや。お母さんと二人暮らし。」

 

⑳「お母さんがビール飲むの好きなんや!!だから、お母さんがビールばっかり飲んで働かへんから貧乏なんちゃう??」

 

㉑「いや。お父さんはビールばっかり飲んでてもちゃんと働いてるやろ?」

 

㉒「うん。でも、ジャックのお母さんは働かへんねんやろ?」

 

㉓「いやいや・・・そういう話じゃなくて・・・・」

 

・・・・・寝かしつけどころか、脳フル回転でそこから、子供の妄想に付き合わされるパパでした・・・

 

皆さんは、どの昔話を寝かしつけにお話ししますか?

f:id:ekarisodami:20160730160312j:plain