カナカナのーと

日常の気になることを書きます。

GWの過ごし方 「家族の会話」 ②

GWもあとわずか・・・

昨日晩御飯を食べに行ったレストランで隣に座った家族は

無言で4人ともスマホに見入ってました。

 

これが、日常なのでしょうか。

少し古い記事ですが、やはり日常化されているようですね。itpro.nikkeibp.co.jp

 

いやいや。家族の時間は短いんですよ!!もっとみんなで

話せる機会に話さないと!!

ということで、また家族の会話 サンプルをご紹介しましょう。

 

子供の思考力が必要な今回のサンプル。

ぜひ、今日の外食で試してみてくださいね!

 

家族の会話

サンプル③

外食先のレストランで・・・

父「ここの店 流行ってるなぁ。いつ来てもいっぱいやな。」

「さて、ここで問題です!ここのレストランが流行る理由を言い合おう!!

たくさん言えた人には、デザート頼んでよし!!」

 

子供「え~!!!何急に・・・まぁいいか。う~ん。美味しい!」

父「それ必須!!他は?」

子供「駐車場が広い!」「店員さんがカッコイイ!」「トイレがキレイ!」

「パンおかわりできる!」え~っと え~っと・・・

 

このように、子供がしっかり観察してマーケティングを身体で体感できるよう

促してください。もちろん、お母さん!ダルそうな顔してはダメですよ。

お母さんも協力して、一緒に考えてくださいね!

 

サンプル④

父「お父さんも日ごろなかなか話す機会がないから、こんな休日くらいは

お前たちとゆっくり話したいな。よし。スマホ横におけ!」

子供「え~っ!なに?」

父「今から  褒め褒めマックス というゲームやろう」

子供「何それ?」

父「今から、家族のいいところを褒め合うんや。嘘はだめだぞ!」

子供「へぇ~~~だる~~~~」

父「やらなければ、今日の外食代お小遣いからひいておく・・・」

子供「パワハラや~~~!!!」

父「まぁやってみよう。まずお父さんから。お前いつも朝練早起きして

行って偉いな!!今のところ休みなしやろ?それってすごいことや。」

子供「う・・うん。まぁ・・・それほどでも・・・えへへ(〃´∪`〃)ゞ」

父「次お前の番やぞ!」

子供「うん。お母さん。いつも朝早くいく私のために、早起きして

毎日お弁当作ってくれてありがとう!うちのお弁当いつも美味しそうやって

友達にも好評なんよ」

母「まぁ・・・!」

母「じゃぁ次お母さんの番ね。いつもまる子は食事の後の後片付け率先して

やってくれるから、すごく助かってる。ありがとう。言われなくてもできるって

すごいことよ」

子供「。。えへへ(〃´∪`〃)ゞ」

子供「じゃぁ次私。お母さん いつも洗濯物・・・」

 

父「お~~~~~いっ!!次は俺の番やろっ!!Σ(・□・;)」

 

まぁこんな感じになるかもしれませんが、褒められて嫌な気はしません。

お互い褒め合ってエネルギー充電してくださいね!!

 

楽しい休日を!

 

f:id:ekarisodami:20160504161026j:plain