読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナカナのーと

日常の気になることを書きます。

国会議員が育休?いらんやろ。

 

男子4人を毎日育てる私。主人は職人。

山のような洗濯物と、山のようなご飯の量と、4つのお弁当とを毎日

さばいてる。

 

私は仕事は2つかけもち(3つのときもある。)

どれも、雇われではないので、なんとかやっていける部分がある。

 

さぞかしご主人が協力的なのね・・・

いやいや。家帰ってビール飲んで、子供に説法してるだけですけど・・

 

それでも、私はなんの不満もない。

主人は身体を使う仕事なので、家で何かをさせて疲れさせると

 外の仕事に響く。その代り、家の事、子供のことはすごく考えて

くれている。

私は、日々日常に追われているので、家のことは考えていない。

 家事をしながら、仕事の段取りやらなんやらを考えている。

 

それでいい。

私は祖母が食堂を営みながら6人育ててきたことを知っているので

その祖母を考えると、まだまだ私なんて甘ちゃんだ。と思う。

ch.nicovideo.jp

 

なので、この記事を読んだときにまさにその通りだと思った。

 私はこう言いたい。

「子供は女しか産めない。」

 

どんなに、性差をなくそうとしても、この事実だけは覆されない。

 

育休は、子供を育てる期間というよりは、お産で傷んだ体を休めるための

ものだ。

赤ちゃんのお世話は、ホントに大変だ。その時に旦那様にそばにいてもらって

手伝ってもらえれば、それはとても助かる。

 

でも、言い換えれば、旦那様でなくてもいい。

本当は、そこに私みたいな子育てを経験した女性がいて、ママたちの

サポートをしてあげるのが一番いい。

 

初めて同士の二人が二人頭くっつけて、どうしようどうしようとあたふたするより

よっぽど効率がいい。

 

そういう心強いサポーターがいて、初めてママはほっとするし

ゆっくり赤ん坊に向き合える。

国会議員なら、そういった構造改革に着手することに、力を注いでほしい。

 

二人で育てるんだ!ということが そもそも間違っていて、

 生まれた赤ん坊は社会全体で育てるんだ。という気持ちをもてばいい。

そのためには、祖父母の力を借りたり、ご近所さんの力を借りたり、

ママ友の力を借りたり、地域サポーターの皆さんの力を借りたり。

気を遣わずに、そういった力をかりることことが「当たり前」になる。

 

周りにお世話になりながら、育てていくのが子供にとっても一番いい。

そういうことを考え「実現」へと導くために 国会議員

いるのではないか。

 

まぁ極論を言えば「子供はほっといても育つ」んだから、

 育休なんて親が子供の成長を間近でみたい!というエゴでしかない。オトンは外で稼いでこいよ。

男はそれしかできないんだから。と。

 

時代は変わっても「女が生む」そこは変わらないんだから。