カナカナのーと

日常の気になることを書きます。

災害に強いへーベルハウス?!強さの秘密とデメリット

[鬼怒川の決壊]

流される家屋を2軒食い止めてなお生き残るへーベルハウス

netgeek.biz

 

阪神淡路大震災でも注目された「地震、火事に強いへーベルハウス

更に水圧にも耐えうるその強さの秘密をさぐってみた。

実際、へーベルハウスのお仕事をしている方に聞いてみた。

「他の家と何が違うの?」と聞くと

「基礎、躯体がとにかくしっかりしている。」とのこと

あの「キムタク邸」もへーベルハウスだとか!?

www.asahi-kasei.co.jp

 

地震エネルギーを効率よく吸収する制震フレーム 「ハイパワードクロス」

荷重を一部に集中させない「鉄筋コンクリート連続布基礎」

床を一体化させて、変形を抑える「剛床システム」

実物大実験を繰り返すことで、震度7クラスでの耐震性を検証

そのほか様々な工夫が施されている。

自然災害が起きるごとに、へーベルハウスは大きく取り上げられる。

 

 

Q・ではなぜ、へーベルハウスがそこまで普及していないのか・・?

A・値段がとにかく高い!!!

家の中を自由設計できるとうたっているが、実際アレンジするなら木造設計の方が

お客様のニーズに対応できるのだそうだ。

「ちょっとここに 小窓が欲しい。」とか「ここは吹き抜けにして周り階段に」など

そんなニーズを言おうものなら

「オプションになります。」と言って値段が跳ね上がるのだそうだ。

 

なので、ビフォーアフターのようなこだわりのある家を作りたい!という

方には不向きなようだ。

 

それでも、今回のような自然災害を目の当たりにすると、個人のこだわりより

家として、人命を守ってくれる。

そこには、大きな価値がある。そのように思った。

f:id:ekarisodami:20150912005611p:plain